フュージョンの強さの考察!ポタラとの合体とどっちが強い?

 

ドラゴンボール フュージョン

 

 

『ドラゴンボール』の「フュージョン」は、魔人ブウ編から登場した概念だが、フュージョンによって二人の戦士が融合した後に誕生するキャラクターは、かなりの強さになる。

 

変身時間が30分と限られているフュージョンだが、フュージョンすれば手に負えない強敵でもなんとかなってしまう。

 

ここでは、これまで行われたフュージョンによる合体について紹介したい。

 

 

1.フュージョンの初登場

 

ドラゴンボール フュージョン

 

フュージョンという概念が登場したのは、魔人ブウ編が最初である。

 

しかし、悟空はヤードラッド星で瞬間移動と共にフュージョンを学んだので、なぜ人造人間編〜セル編でフュージョンを使用しなかったのか謎だ。

 

もし、ベジータが無理でもトランクス辺りとフュージョンしていれば、完全体セルでも一撃で倒しただろうからだ。

 

2.最初のフュージョン戦士「ゴテンクス」の強さ

 

ドラゴンボール フュージョン

 

最初のフュージョンによる戦士は、悟天とトランクスの融合による「ゴテンクス」だ。

 

ゴテンクスの強さはかなりのもので、スーパーサイヤ人になれば魔人ブウに近い強さを見せた。

 

さらに、スーパーサイヤ人3になった時は魔人ブウに対して少し優勢になり、戦術こそ未熟なものの、圧倒的パワーで魔人ブウを追い詰める。

 

しかし、強くなり過ぎたあまり調子に乗ってしまい、フュージョンの時間制限に達し、融合が解けたことで魔人ブウに敗北してしまう。

 

3.強すぎる「ゴジータ」の登場

 

ドラゴンボール フュージョン

 

悟空とベジータによる夢のフュージョン戦士が、映画『復活のフュージョン!!悟空とベジータ』に登場。

 

スーパーサイヤ人3の悟空でも歯が立たない強戦士ジャネンバは、魔人ブウ以上の強さを誇る難敵だった。

 

しかし、ベジータが力を貸してくれ、悟空とのフュージョンを了承し、誕生した超戦士「ゴジータ」となって、ジャネンバを一撃で倒したのだ。

 

ゴジータの、「俺は悟空でもベジータでもない。俺は貴様を倒すものだ」という名言がかっこよすぎた。

 

ちなみに、この後ベジータは「フュージョンは二度と御免だ」と言って消えてしまうが、穏やかな表情で悟空の前から消えたシーンは少し感動的だった。

 

それにして、魔人ブウより圧倒的に強いジャネンバを瞬殺したゴジータは、ゴテンクスとは比べ物にならない強さだ。

 

さすがは悟空とベジータによるフュージョンである。

 

4.フュージョン以外の合体の強さや条件比較

 

ドラゴンボール フュージョン

 

『ドラゴンボール』ではフュージョン以外の融合もあり、それは界王神の付けているイヤリング「ポタラ」を装着した時の合体によるものだ。

 

ポタラの合体はフュージョンの融合よりも効果が上で、持続時間が一時間と長い。

 

しかし、作者の鳥山明先生いわく、フュージョンによる融合は心と心を一つに合わせるため、短期決戦ではポタラよりフュージョンの方が強いらしい。

 

この発言により、あくまでもポタラの利点はフュージョンが30分なのに対して、一時間も合体していられる所にあることがわかった。

 

ポタラによる合体で誕生した戦士は、作中では悟空とベジータの合体によって生まれた「ベジット」が代表的だ。

 

その強さは、スーパーサイヤ人にならなくてもアルティメット悟飯を吸収した魔人ブウを赤子のように扱う程だった。

 

しかし、『ドラゴンボール超』で、再びベジットになった悟空とベジータは、スーパーサイヤ人ブルーという神の領域の強さを誇る変身が出来るにも関わらず、その強さは魔人ブウ編ほど圧倒的な描写がみられなかった。

 

戦っていた合体ザマスもかなりの強敵だったとはいえ、製作者サイドも合体によるパワーアップに飽きてきたのかもしれない。

 

まとめ

 

ドラゴンボール フュージョン

 

悟空とベジータのフュージョンによって誕生したゴジータだが、2018年12月公開予定の『ドラゴンボール超ブロリー』で再び登場するかもしれないという情報がリークされている。

 

本当かどうかはわからないが、筆者はフュージョンよりも身勝手の極意よりもスーパーサイヤ人ブルーと界王拳が好きなので、出来ればスーパーサイヤ人ブルーでブロリーを倒して欲しいと思うのだが、皆さんはどうだろうか?

 

なにはともあれ、『ドラゴンボール超ブロリー』に期待だ。

 

 

 

ページの先頭へ戻る