スーパーサイヤ人ロゼの戦闘力は?誕生した謎について

 

ドラゴンボール スーパーサイヤ人ロゼ

 

 

「スーパーサイヤ人ロゼ」をご存じだろうか?

 

『ドラゴンボール超』を観ていた人は知っているだろうが、ここではスーパーサイヤ人ロゼについて紹介したいと思う。

 

 

1.スーパーサイヤ人ロゼの形態について

 

ドラゴンボール スーパーサイヤ人ロゼ

 

スーパーサイヤ人ロゼは、「ゴクウブラック」という悟空そっくりの敵キャラクターが変身したスーパーサイヤ人で、悟空とベジータのスーパーサイヤ人ブルーと対を成す形態だった。

 

ロゼというものの実際はピンク色っぽい髪色のスーパーサイヤ人で、赤紫色っぽい不気味なオーラを纏っている。

 

悟空とベジータのスーパーサイヤ人ブルーが、実際は青というより青緑色だったこともあり、とても対照的な姿だった。

 

2.そもそもスーパーサイヤ人ロゼに変身するゴクウブラックとは何者?

 

ドラゴンボール スーパーサイヤ人ロゼ

 

ゴクウブラックは、界王神見習いの「ザマス」という人物が、ドラゴンボールでとある時空の悟空の身体を乗っ取って生んだキャラクターで、悟空の強さとザマスの天才的な戦闘のセンスを掛け合わせた強敵だった。

 

ゴクウブラックは通常形態でもスーパーサイヤ人の悟空を超える強さがあった。

 

さらに、スーパーサイヤ人ロゼに変身することで、悟空とベジータのスーパーサイヤ人ブルーを超える強さを見せ二度も悟空とベジータを退けた。

 

悟空と違って残忍な性格で、かつナルシストなキャラクターが気持ち悪く、悟空は自分そっくりの姿のゴクウブラックのことを嫌っていた。

 

3.悟空を超える?スーパーサイヤ人ロゼの戦闘力

 

ドラゴンボール スーパーサイヤ人ロゼ

 

ゴクウブラックがなったスーパーサイヤ人ロゼの強さだが、当時のスーパーサイヤ人ブルーの悟空を超える戦闘力があったため、かなりのものだ。

 

下手をすれば破壊神ビルスよりも強いかもしれないくらいで、おそらく第6宇宙の殺し屋ヒットよりゴクウブラックは強い

 

しかし、後にゴクウブラックと、さらに別の次元のザマスがポタラで合体した際は、スーパーサイヤ人ブルー界王拳の悟空にダメージを受けていたため、合体しないでスーパーサイヤ人ロゼのままだった方が強かったのでは? と思わされる面もある。

 

4.スーパーサイヤ人ロゼの誕生の謎

 

ドラゴンボール スーパーサイヤ人ロゼ

 

スーパーサイヤ人ロゼは、ゴクウブラックのナルシストな感じが気持ち悪かっただけで、外見だけはかっこいいと思うが皆さんはどうだろうか?

 

悟空もベジータもロゼに変身しても良いくらいかっこいいと思ったが、やはり一般的には青=正義、赤=悪という認識があるため、味方キャラはなるべく青にしたかった制作サイドの意向があったのだろう。

 

おそらくスーパーサイヤ人ロゼは、企画段階ではスーパーサイヤ人ブルーと同等に悟空とベジータの次なる段階として持ち上がったのだろうが、選考落ちしたのではないだろうか?

 

しかし、企画にしてはよく出来ていたため、どこかで使いたかったのではないかと思う。

 

それだけスーパーサイヤ人ロゼはスーパーサイヤ人ブルーと対照的な変身で、よくできた設定だった。

 

5.今後のスーパーサイヤ人ロゼは登場について

 

ドラゴンボール スーパーサイヤ人ロゼ

 

一部で、ゴクウブラックとザマスは早々に合体してしまったため、ゴクウブラックと悟空の決着が着かなかったことを不満に思うファンがいたらしい。

 

純粋にスーパーサイヤ人ロゼのゴクウブラックと、スーパーサイヤ人ブルーの悟空との戦いを見たい人も多かったのだろう。

 

そのため、そのファン達の願いを叶えるために、今後なんらかの形で再びゴクウブラックが登場し、悟空と一騎打ちする可能性はあるかもしれない。

 

その頃には悟空は「スーパーサイヤ人ブルー身勝手の極意」なんて体得しているかもしれないから、ゴクウブラックも「スーパーサイヤ人ロゼ身勝手の極意」なんかを出してほしいと思う。

 

まとめ

 

ドラゴンボール スーパーサイヤ人ロゼ

 

いかがだったろうか?

 

いかにスーパーサイヤ人ロゼがかっこよく、強いキャラだったかということは理解していただけたと思う。

 

悟空との対決は不完全燃焼だったので、今後、再びゴクウブラックの登場に期待したい。

 

 

 

ページの先頭へ戻る