フリーザの戦闘力の考察や最終形態の強さの徹底解説

 

ドラゴンボール フリーザ

 

『ドラゴンボール』の悪役の中でも最も存在感があったのはフリーザだろう。

 

フリーザは初登場時に圧倒的な戦闘力で戦慄させたが、その後は人造人間・セル・魔人ブウとより強力な敵が現れたため、雑魚キャラ判定されてしまった。

 

だが、映画「復活のF」や『ドラゴンボール超』における再登場で、スーパーサイヤ人ブルーの悟空と同じくらい強くなり、再び強敵として認識されるようになったのは記憶に新しい。

 

ここではフリーザの魅力について紹介しよう。

 

 

1.宇宙でのフリーザの存在とは?

 

ドラゴンボール フリーザ

 

宇宙の帝王フリーザは、多くの部下を引き連れて星々を侵略し、その星を自分の配下において勢力を拡大していった宇宙を支配するヤクザのような存在だ。

 

圧倒的な戦闘力を誇るフリーザは、宇宙中を探しても勝てる戦士がいなく、支配下に置いた星の戦士たちを配下に置き、どんどん勢力を増していった。

 

2.フリーザは宇宙の中でもトップクラスの戦闘力

 

ドラゴンボール フリーザ

 

フリーザは自称戦闘力53万で、戦闘力42000のネイルを片手だけで倒してしまった程である。

 

戦闘力42000のネイルも、宇宙中探してもいないレベルの高い戦闘力の戦士で、フリーザが特に気に入っていた部下であるザーボンとドドリアも20000強くらいの戦闘力だった。

 

つまり、戦闘力42000というのは、宇宙の中でもトップクラスの強さなのだが、そのネイルを軽く半殺しにしたフリーザの強さは計り知れない。

 

3.曖昧なフリーザの設定

 

ドラゴンボール フリーザ

 

しかし、フリーザは「復活のF」や『ドラゴンボール超』において再登場した時、「最低でも戦闘力130万まで訓練する」というような発言をする。

 

これは、おかしくないだろうか?

 

フリーザは既に原作やアニメで、第二形態の時点で「戦闘力100万以上ある」というような発言をしていた。

 

それなのに、いまさら戦闘力130万を目指す発言は明らかにおかしい。

 

仮に、第一形態のままで戦闘力130万を目指すという話であって、微妙過ぎる。

 

作者の鳥山明先生は、度々ドラゴンボールの強さのインフレを後悔していたような噂も聞いたことがあるので、もしかしたら強さを修正したかったのかもしれない。

 

最近では、スーパーサイヤ人ブルーの悟空とクリリンが互角に戦う等、色々おかしい描写もあるのだが、とにかく強さの修正を計ってきているのかもしれない。

 

4.新説!フリーザの戦闘力は53000だった?

 

ドラゴンボール フリーザ

 

フリーザの戦闘力だが、もしナメック星でのフリーザの第一形態の戦闘力が53万ではなく、5万3000だったのであれば、戦闘力130を目指す話は辻褄が合ってくる。

 

それに、あの時のフリーザが戦闘力53000だったとしても、戦闘力42000のネイルを片手で倒すくらいのことは出来るだろう。

 

戦闘力53万もあるフリーザが何故サイヤ人を恐れる必要があるのかもわからなかったが、もし本当の戦闘力が5万3000だったのなら、戦闘力が10000を超えるサイヤ人が出てきたことを恐れ始めたのも合点がいく。

 

フリーザの性格的にハッタリを言いそうなので、ナメック星の第一形態ではフリーザの戦闘力は53000で、ギニュー特戦隊のリクーム・バータ・ジースより少し強いくらいだったのかもしれないと推測する。

 

ちなみに、筆者の憶測で申し訳ないが、リクーム・バータ・ジースの戦闘力はネイルよりも少し弱いくらいの40000以下くらいだったのではないだろうか?

 

仮にリクーム・バータ・ジースの戦闘力が35000くらいだったとしたら、仙豆で回復した戦闘力30000程だったベジータが40000近くまで戦闘力を上昇させ、ジースに快勝したのも頷ける。

 

ジースを倒した時のベジータの戦闘力が36000〜40000くらいだったとすれば、悟飯(少なくとも戦闘力20000以上)とクリリン(戦闘力20000くらい?)で力を合わせればフリーザ(戦闘力53000)を倒せると言ったのも頷ける。

 

しかし、フリーザの戦闘力が53万だったとすれば、悟飯とクリリン程度では役に立たなかっただろう。

 

つまり、フリーザの戦闘力は53万ではなく、5万3000だったのだと推察したい。

 

もしフリーザの戦闘力が5万3000だったとすれば、それより強い戦闘力12万のギニューの存在が気になるが、ギニューの忠誠心の高さから考えて、ギニューはフリーザの強さ以上にカリスマ性に惹かれていた可能性もある。

 

それに、フリーザが変身タイプの宇宙人であることを当然ギニューは知っていたはずなので、変身を重ねたら自分以上の戦闘力になることはわかっていたのだろう。

 

ギニューのことだから、フリーザ「私の戦闘力は53万です」ギニュー「さすがはフリーザ様!」みたいなやりとりがあり、特に疑問もなくハッタリを信じた可能性もある。

 

5.フリーザの最終形態が強すぎる

 

ドラゴンボール フリーザ

 

ナメック星でスーパーサイヤ人の悟空に倒され、その後、地球でもスーパーサイヤ人のトランクスに殺されたフリーザだが、『ドラゴンボール超』において再び復活し、超絶パワーアップを果たして帰ってきた。

 

フリーザ最終形態でスーパーサイヤ人ゴッドの力を吸収した悟空と互角に戦い、新たな変身「ゴールデンフリーザ」になってからは、一時的にスーパーサイヤ人ブルーの悟空を超えた程だった。

 

力の大会では悟空たちに力を貸し、悟空とフリーザの共闘という感動的な場面すら見せた。

 

まとめ

 

ドラゴンボール フリーザ

 

2018年12月公開の『ドラゴンボール超ブロリー』でも、フリーザの登場が決定している。

 

悟空やベジータ並に強くなったフリーザだが、今後はレギュラーとして活躍する可能性も出てきたので楽しみだ。

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る