【ドラゴンボール】身勝手の極意覚醒?!進化し続ける亀仙人が最強すぎる

 

ドラゴンボール 亀仙人

 

出典;http://anishita.blog.jp/archives/7421829.html

 

『ドラゴンボール』の最初の悟空の師匠と言えば、「亀仙人」だ。

 

悟空は青年期まで「亀」と書かれた道着を着用していたことから、長らく亀仙人への敬意を忘れていなく、どんなに強くなっても亀仙流の技を使用している。

 

スポンサーリンク

 

ここでは、そんな亀仙人の重要性を紹介したいと思う。

 

1.武術の天才である亀仙人

 

ドラゴンボール 亀仙人

 

亀仙人は武術の天才で、300歳以上という年齢から相当長く生きていることがわかる。

 

亀仙人はサイヤ人編で戦闘力139だったが、これは後に世界最強と称えられるミスターサタンよりも遥かに強いことくらいはわかる。(具体的にミスターサタンの戦闘力は不明だが、戦闘力5の銃を持った一般人よりマシな程度だろう)。

 

悟空だけでなくクリリンやヤムチャも亀仙人が修行を付け、彼らを通常ではあり得ない強さに鍛え上げたのだ。

 

2.元祖かめはめ波!悟空の師匠である亀仙人のすごさ

 

ドラゴンボール 亀仙人

 

亀仙人は、『ドラゴンボール』における最大の功労者の一人で、何よりも最大の先駆者だ。

 

それは、「かめはめ波」を悟空に伝授したことが大きい。

 

悟空のかめはめ波は、後にベジータのギャリック砲から地球を救い、さらに息子の悟飯へと引き継がれセルを倒した。

 

スポンサーリンク

 

驚くなかれ、悟空や悟飯は、どんなに強くなってもメインの必殺技をかめはめ波に設定しているのだ!

 

普通、初期の頃の必殺技は強くなると同時に消えていくものだが、かめはめ波は悟空がスーパーサイヤ人ブルーになっても使用されていて、神の次元でもメインの必殺技として使用されている。

 

これは、凄いことではないだろうか?

 

亀仙人は悟空を鍛えることで、間接的に地球や宇宙の危機を救ってきたことになるのだ。

 

亀仙人がいなければ悟空は強くなれなかったわけで、少なくともベジータとの戦いでギャリック砲に敗れていたかもしれない。

 

どんなに強くなってもかめはめ波が最高の技ということから、かめはめ波がいかに優れた技かがわかる。

 

3.亀仙人の『ドラゴンボール超』での活躍がやばい

 

ドラゴンボール 亀仙人

 

おいおいあり得ないだろ……と思うのだが、亀仙人が『ドラゴンボール超』において大活躍しているのは、皆さんもご存じだろう。

 

最初の活躍は、フリーザが復活して悟空とベジータのいない地球を襲ってきた時だ。

 

おそらく、最低でも栽培マンくらいは強いだろうフリーザ軍の兵士たちを、たった一人で数十人も相手に倒したのだ。

 

まるで、最低でも戦闘力5000はあるかのような活躍だった。

 

亀仙人は舞空術こそ体得していないようだが、地上戦においてかなりの強さを発揮し、違和感を覚えたファンも多かっただろう。

 

スポンサーリンク

 

これだけ亀仙人が強かったなら、サイヤ人が襲来した時にラディッツやナッパ辺りなら戦えたのではないだろうか?

 

最近のドラゴンボールは強さに矛盾が多いが、まさかここにきて亀仙人のパワーアップが果たされるとは思わなかった。

 

4.身勝手の極意を覚醒?!パワーアップし続ける亀仙人

 

ドラゴンボール 亀仙人

 

フリーザ軍団を大量に倒した時点で変だなと思ったが、スーパーサイヤ人ゴッドの力を吸収している悟空ですら、かなり真面目に亀仙人の力を高く評価していた。

 

また、力の大会では破壊神ビルスに評価されるほどの活躍をみせ、漫画版においては身勝手の極意に似た技で周囲を唖然とさせる等、活躍が止まらない。

 

どうしちゃたんだ! 亀仙人?!

 

スポンサーリンク

 

と思わずにはいられない大活躍だが、確かに亀仙人はかめはめ波を悟空に伝授した作中一の功労者だと思えば、納得の行く活躍なのかもしれない。

 

まとめ

 

ドラゴンボール 亀仙人

 

亀仙人の凄さをわかっていただけただろうか?

 

宇宙レベルの強さを誇るスーパーサイヤ人ブルーが放つかめはめ波も、もとを辿れば亀仙人が伝授した技だ。

 

亀仙人がいなければ悟空はとっくに死んでいたか、そもそも強くなることすら出来なかったかもしれないのだから、亀仙人の凄さがわかるだろう。

 

スポンサーリンク