【ドラゴンボール】未来トランクスがやって来た理由とは?強さも考察

 

ドラゴンボール トランクス

 

出典;http://dragonball.animepopn.com/433/

 

『ドラゴンボール』のナメック星編が終わった直後に登場したトランクスは、いきなりスーパーサイヤ人になりフリーザを倒してしまったことで話題となった。

 

その後、すぐに人造人間やセルが出てきて存在感が薄くなったが、『ドラゴンボール超』においては、スーパーサイヤ人ブルーのベジットでも倒しきれなかった合体ザマスを倒すなど目覚ましい活躍をした。

 

ここでは、サイヤ人の王子ベジータとブルマの息子トランクスの強さと魅力に迫りたい。

 

1.初登場のトランクスVSフリーザの闘いがすごい

 

ドラゴンボール トランクス

 

トランクスが初登場したのは、スーパーサイヤ人になった悟空がフリーザを倒したナメック星編が終わった直後である。

 

サイボーグとして再生したフリーザが、悟空のいない地球に現れ、絶体絶命の危機におちいった時に現れたのがトランクスだった。

 

スポンサーリンク

 

トランクスは突然現れ、戦闘力5000を出しフリーザの部下たちを一掃。

 

それに感嘆したフリーザだったが、トランクスは「スーパーサイヤ人になれるのは悟空さんだけじゃない」旨の発言をし、スーパーサイヤ人へと変身。

 

驚いたフリーザはトランクスを攻撃するも、圧倒的な強さを誇っていたフリーザを一撃で倒してしまう。

 

2.トランクスに衝撃の未来を告げられる悟空とベジータ

 

ドラゴンボール トランクス

 

フリーザを倒した後、トランクスはベジータを含む地球人たちと交流し、予定よりも到着が遅れた悟空とも会うことに。

 

そこで悟空はトランクスが未来からタイムマシンを使ってやってきた戦士だと聞かされ、悟空は未来では心臓病で死亡している事実を聞かされることになる。

 

そして、未来にはトランクスでも敵わない人造人間という超強力な敵が存在し、未来にはトランクス以外の戦士は全て殺されたという事実を聞かされるのだった。

 

悟空が病気で死に、さらにドクターゲロの人造人間がスーパーサイヤ人よりも強いという設定に驚いたファンも多かったのではないだろうか?

 

まぁ、アラレちゃんもかなり強いので、人造人間も強いという設定はわからなくもないが、さすがに宇宙の帝王フリーザよりも遥かに強いという設定は違和感を覚えた人も多かったはずだ。

 

3.ベジータの息子トランクスに対する愛を感じるシーン

 

ドラゴンボール トランクス

 

親子の会話がほとんどなかったトランクスとベジータだったが、スーパーサイヤ人2になった悟飯に倒されたと思われたセルが復活し、パーフェクト完全体セルとなって地球に瞬間移動した際にトランクスが殺されてしまった時は、ベジータは作中ではじめて他人のために怒りセルに特攻を仕掛けた。

 

スポンサーリンク

 

ほとんど親子らしい関りはなかったものの、ベジータは無意識で息子のトランクスに対して何かしらの縁を感じていたのかもしれない。

 

4.少年の頃のトランクスの強さは?

 

ドラゴンボール トランクス

 

ここでは便宜上、未来からやってきた大人のトランクスを「未来トランクス」と称すが、正規の時間軸で順当に育った子供のトランクスも、かなりの超パワーだ。

 

幼年期からスーパーサイヤ人になれ、子供にも関わらず当時のフリーザくらいだったら倒せるくらいの実力があったようだ。

 

悟空は界王様との1000年分の修行と100倍重力での修行の果てにスーパーサイヤ人になったのに、子供トランクスはあっけなくスーパーサイヤ人になってしまった。

 

5.未来トランクスの強さがわかる活躍場面

 

ドラゴンボール トランクス

 

未来トランクスは人気の高いキャラでゲーム作品などでも優遇されていたが、その流れもあってか『ドラゴンボール超』にて再登場し、かなりの活躍を見せた。

 

スポンサーリンク

 

スーパーサイヤ人ブルーの悟空とベジータに近い活躍で二人をサポートし、最終的にはスーパーサイヤ人ブルーのベジットですら倒しきれなった合体ザマスを倒してしまったのだ。

 

このことから、実は未来トランクスはとんでもなく強いかもしれないことが伺える。

 

まとめ

 

ドラゴンボール トランクス

 

未来トランクスはかっこいいルックスと強さが魅力だが、皆さんは彼に再び再登場してもらいたいとは思わないだろうか?

 

さすがにかなりの活躍をした後なので、本編での再登場は難しいかもしれないが、ゲームなど別メディアで未来トランクスのさらなる進化を見ていきたい。

 

スポンサーリンク